ちょっぴり気になるモビットの由来

ここで少しブレイクタイムとしてモビットの由来についてご紹介したいと思います。様々な経緯を経て三井住友銀行グループの消費者金融となったモビット。実は少し変わった由来を持っています。


とにかく「最先端」意識のネーミング

社名の由来として有名なものはとにかく当時の最先端を意識した名づけという点です。MobitのMoはお金を意味するマネー(Mobey)や動かしやすいという意味のモバイル(Mobile)の頭文字から取ったもので、bitは情報量の単位から取ったものです。このようにMobitとう社名は会社が扱う商品とも言うべき存在のお金と、とにかく利用しやすくて便利なものであるというイメージからモバイルやビットを取り入れました。


明るいカラーでアピールしたモビット

モビットの社名を彩るカラーは赤とオレンジです。暖色でとても包容力のあるカラーを選択した理由としては、消費者金融のイメージを冷たいサラ金から親密感のある会社にシフトしたかったからなのかもしれません。
赤もオレンジも人や物を照らす暖かな光を表しており硬貨の冷たい印象を拭い去っています。借り入れする契約者の方々に融資することで、その方の未来を明るく照らすという思いが込められているのです。

こうした由来を調べてみるととても身近に感じることが出来、これから契約をしたいと考えている方も申込みがしやすくなります。この機会に是非モビットで借り入れをして自分の未来を明るく照らす投資をしてみましょう。