モビットは自営業向けのローンプランも

モビットでは、自営者ローンの取り扱いがあります。通常、消費者金融ではサラリーマンなど雇われている人をメインに考えた融資が多いため、フリーランスで仕事をしている人は審査対象から外れてしまうなど、例外的な扱いが多いそうです。


モビットローンはプライベートのお金に使える

ただし、事業性ローンと違って、モビットでは、事業に関することで借り入れを行うことはできません。あくまで、自営者、個人事業主などが、自分のプライベートで使うお金(生活費や交際費などに使うお金のこと)にだけ、このローンを使うことを許されているそうです。会社の支払いなどには利用できませんが、自営者でも、同じように審査が簡単というのは非常に大きなメリットといえるでしょう。


事業性ローンとの大きな違い

事業性ローンとの大きな違いとしては、まず仕事につかえないということでしょう。自営者で、支払いなどが取引先から遅れていて、一時的な現金がないという場合など、仕事に関わるお金に使うことができるのが、事業性ローンの特徴です。この場合、借主は法人名義となるため、個人の借金と換算されません。よって総量規制からも除外されることが多いのですが、モビットでは個人的な借り入れとなるため総量規制にも入っています。